« Home »
11月 2nd, 2015 Comments: 0

スズキ ハスラー③ 意味のある洗浄(洗車)を

Tags
Plurk
Share this

 

2015512ssh7

洗車もどんな道具でどのように洗うかで、洗車キズの入り方は大きく変わります。

 

ディーラーでの納車前の洗車や一か月点検などの無料洗車を見ていると、ただ、汚れを落としているだけのようないい加減な洗車、キズを入れない様に、お客様のためにと行ってるような洗車には思えない洗い方が残念ながら多いです。。。

 

ディーラーによる納車前の洗車も危険です。

ディーラーのスタッフは、どのように洗えば、キズが入るかなども知らず、洗車環境も悪く綺麗にしたつもりが、キズが増えているだけって場合も多いです。

 

 

スタンドでの洗車も同じことが言えます。

極上洗車とか日本一の洗車等、宣伝文句は凄いですが、中身は・・・なサービスが多いです。

 

普段の洗車もそうですが、ディーラーやスタンドで洗ってもらう場合は、どんな道具で何を気にして洗っているか聞いてからお願いすることをお勧め致します☆

 

 

2015512ssh8

 

鉄粉、(雨染み・デポジット・スケール汚れ)、油分など、、、洗車で落としきれる汚れには、限りがありますので、大きな汚れを落とした後に順番に塗装上に付着している汚れを落といしていきます。

 

 

2015512ssh9

洗車だけでは、どうにも出来ませんが溶剤を使えば洗車で取れないシリカスケール(雨染み・デポジット・スケール汚れ)も凸状の状態なものは除去が可能です☆

 

市販のコート剤をご自身で施工する場合でも洗車後に、シリカスケール(雨染み・デポジット・スケール汚れ)を取れるだけ除去してからコート剤を施工してやると定着は良くりますよ^^

 

 

2015512ssh10

塗装上の汚れを落としてやれば、キズやシミなどがはっきりと見やすい状態になってきます。

 

 

2015512ssh11

 

2015512ssh12

シリカスケールは、新車でも発生しています。

研磨で取り除くことも可能ですが、本来取り除けるシミを取れない状態にしてしまうリスクもありますので、研磨前に除去します。

 

 

2015512ssh13

水分が付着する箇所には、シリカスケールが発生しますので塗装面だけでなく樹脂パーツなどの場所も丁寧にシリカスケールを除去します。

 

 

2015512ssh3

最初の洗車後の状態はこちら。

 

 

2015512ssh14

シリカスケールを除去出来ただけでも排水具合は、大きく変わります。

 

2015512ssh15

 

塗装は平坦に見え凹凸だらけです。

細部に入り込んだ汚れもありますし、砂埃を洗い落としたボディでも油分汚れからシリカスケールまで様々な汚れがあります。

 

研磨前の作業が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

◆PDFファイルにて無料配信中◆

http://www.carwash-gz.com/download/

◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

 

 

 

コーティングって高いよな・・・
どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

GARAGE  ZERO

お問い合わせ お問い合わせフォーム
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.