Home ダイハツ キャスト③ 下地洗浄
« Home »
11月 23rd, 2017 Comments: 0

ダイハツ キャスト③ 下地洗浄

Tags
Plurk
Share this

 

新車のコンディションは、塗装状態も汚れ、キズ等の状態も大きく個体差があります。

同じ車種、カラー、製造年でも状態の良いものから悪いものもあり実際、確認するまでは良い悪いは分からないのが新車です。

 

新車だから、シャンプー洗車して拭き上げ、コーティング剤で仕上げるだけだろ?と聞かれることがございますが、実際、それでけの下地処理では、良い仕上げは出来ません^^;

 

磨きを行わない新車コースでも、シャンプー洗車+油分、雨染み、鉄粉など状態に合わせ、落とせる汚れは全て落とす下地洗浄を行います。

※鉄粉など付着がない場合は行う必要はありません。

 



洗車も汚れが酷い場合、軽く洗うを繰り返し、必要以上にゴシゴシしないように進めます。

 

今回の車両の場合、色もあってかシミが気になります。

 

 



新車=綺麗とは限りませんので、しっかりと隅まで洗浄していきます。

 



ガラス面も同じくしっかりと洗浄を。

 

シャンプー洗車ですが、濯ぎが甘い、濯ぎきれていないまま洗車を終わってしまうオーナー様が多いように思えます。

濯ぎが甘いとボディにシャンプー成分が残りボディに悪影響を及ぼすので、しっかりと隙間も狙って洗い流しましょう。

 

Comments are closed.