Home コーティングの耐久性・・・持つ?持たない?
« Home »
11月 22nd, 2017 Comments: 0

コーティングの耐久性・・・持つ?持たない?

Tags
Plurk
Share this

 

コーティングの施工を考える上で一番気になるのが、持ち(耐久性)ではないでしょうか?^^

施工者である私自身も当然、持ちは気になります(少しでも初期の綺麗さを維持出来る様にしたいですから^^;)

 

当社の場合、コーティング(初期施工から)の持ちを聞かれた場合、「5年持ちます!」、「ガラスコーティングだから〇年!」ってご案内は行っておらず「持つ?持たない?で言えば期待しないで(実際にご説明する場合は詳細をお伝えします^^)」ってご案内しております。

 

コーティング施工店なのに?そんなことを言っていいのか?と思われるかもしれませんが、専門店だからこそ(磨き屋)皆様にお伝えしております。

 

なぜか?コーティングの持つ?持たない(耐久性)は、様々な考え方で答えが変わるからです。

 

まず、磨き屋目線での回答です。コーティングは、〇〇コーティングだから3年、〇〇だから5年と持つ期間の提示が出来るものではなく、塗装そのものの強度(密度、劣化具合)により左右されます。塗装そのものが新しい、密度が高い(ベンツなど)塗装であれば、コーティングが何でも塗装そのものにより良い結果(長く効果を実感出来る)が必ず得られます。

 

逆に劣化した塗装で言えば、どんな最高級、金額が高いコーティングを施工したとしても結果に期待出来ません。

 

コーティング剤の効果、コーティング剤の単体の力はそこまでなく、塗装そのものに依存するのです。

 

次に、持つ持たないの基準。

何をもって、持っている?持っていない?何年持つ?と決めるかが曖昧で難しいことです。

 



 

上記写真は、ホンダソリッド塗装:ガラスコーティング施工車です。

赤線を境に、上部は、艶があり、下部は蛍光灯の映り込みも悪く、艶が無い状態です。

 

写真を見てどうでしょうか?

上部であればコーティングが効いている?持続していると感じますか?下部では、効果がないと感じますか?^^

 

 



先ほどの塗装面に水をかけて見ました。

 

どうでしょうか?艶がなくなり一見、コーティングが駄目になってるように見えた塗装面、下部も気持ちイイ撥水状態を維持しています^^

 



艶はないけど、凄い良い撥水状態をキープしています^^

 

このような状態をどう捉えるか?どう判断する、判断出来るか?でも、何年持ちますよって案内は変わるのです。

 

例えば、撥水さえ持てば良いと判断されるオーナー様であれば、艶がなくなっても持っていると判断される、満足出来るかもしれません。しかし、艶感(見た目)を重視するオーナー様であれば、撥水はしているけど艶がないから〇〇コーティング(施工店)は持ちが悪いなって判断するかと思います。

 

持つ?持たないの基準をどこにおくか、撥水、見た目(艶)、洗いやすさ、汚れの固着具合、シミ、、、様々な点が考えられますがここの判断、価値観も違うため、一概にこのコーティングだから〇年持ちますとは、言えないのです。

 

次のお話へ^^

上記写真のように、持つ?持たないの基準が、コーティング層で見る場合、多くの方が期待する?基準のようになっている5年と言う期間、塗装上に存在させることは出来るかもしれません。

 

美観は損なわれているけど、塗装上には、コーティング膜が見られるなって状態です。

でも、どうでしょうか?見た目が初期状態からは変わっている(劣化)しているのに、排水具合(撥水)でまだ、コーティング効いてますよって判断されるのは、、、当社の場合、それもおかしい?かなと考えております。

 

最後は、保証について。

皆様に耐久性を質問される場合「5年持ちますか?」と、5と言う数字が出てきます^^

 

この5年って数字は、主にディーラー(メーカー)コーティングでガラスコーティングを施工すると保証される期間で多く広まり今では基準になったものと考えられます。※当社も施工証明書の発行は行いますので、保険修理に対応しております。

 

5年保証。この中には、おかしな点が多々あり(詳細が気になる方は、お問い合わせを^^;)ますが、当社では、5年持つように施工する感覚はなく、いつまでも(乗る期間)綺麗に維持出来る様に施工(下地処理、コーティング剤の選択、手入れ法)を考えています。

 

ディーラーコーティング施工車は、恐らく一番多いと思いますが、一体、どれだけの方が、保証が切れた後、再度、ディーラーでコーティングを施工しているでしょうか?ほとんどいないかと考えられます。コーティングは、5年目、〇月〇日にいきなり効果が無くなるものではありません^^;

 

そう考えてもコーティングの5年保証は?と思いますし、5年持つのがあればもう一年くらい持つ、6年保証コーティングあるんじゃ?コーティング剤は新しくなり、コーティング料金も値上がり(トヨタのランクル200サイズで20万オーバーするコーティングがありビックリ!洗って塗るだけ?)してるんだし保証期間も延びてもいんじゃないって思います^^;

 

ちょっと話はずれましたが、コーティング剤の持つもたない?専門店でありながら、〇年持ちますよ!って言えない理由を少しご理解頂けましたでしょうか?もっと、もっと、お伝えしたいことはありますがブログではこの辺で^^

 

 

コーティングで求めたいものはなんでしょうか?

・綺麗にしたい。綺麗にするのはコーティング剤でなく下地処理です☆

・綺麗に維持したい。綺麗に維持するのはコーティング剤でなくメンテナンスです☆

 

コーティングを考える時、、、どうしてもコーティング剤に目がいってしまいますが、実際、コーティングで求めたいものを考えると、コーティング剤がそんな重要じゃない?ってことが見えてきます。※コーティング剤も必要であり大事です^^;

 

〇年(希望の年数)コーティングを持たせたいなって考えた場合、必ず必要なポイントがあります。それは最初にも述べたように、コーティングは、塗装状態に依存します。

 

だからこそ、コーティング剤だけで選ぶのではなく、塗装状態、保管環境、カラーに合わせたコーティング剤を選択すること、下地処理を適切に行うことが必要なのです。

 

そして、いつまでも綺麗に維持出来るように、コーティング剤に捉われることなく、手入れが出来る(水分シミが除去できる:除去剤が使える)仕上げを行いましょう。

 

手入れの出来るコーティングに仕上げ、適切に維持していけばいつまでも綺麗に維持出来る可能性は飛躍的にアップします☆

手入れ次第で持たせたい年数、延命も可能なサービスが専門店のコーティングだと考えております。

 

 

Comments are closed.