維持の難しい濃色車

汚れも目立ちやすく、洗車キズもよく見えてしまう濃色車。



車庫保管ならまだ、維持もし易くなりますが屋外保管だと難しいです。また、よくコーティングの宣伝等を見るとキズの入らない等書いているのを見ることがありますが、どんな硬度を持たせたコーティングでもキズを防ぐのは不可能です。

砂埃がボディを転がるだけでも微細なキズは入りますし洗車を行えば必ずキズは入ってしまいます。

フロントガラスのかたさでもキズは入ってしますよね。

コーティングをしてもキズは入りますが、汚れの固着等は減ります。強く擦る必要が減り洗車キズも軽減することが可能です。

今回の車両は、洗車キズが多数ですが、磨きでスッキリです☆



脱脂研磨をして、その他作業をしていきなりほぼ、仕上がりの絵です^^



洗車キズで白くボケていたボディに深みが戻りました。黒いカラーは、手入れが大変ですが綺麗にすれば一番輝くカラーです。

どうしても他カラーより洗車キズやスケール汚れ等が目立つためメンテナンス周期は早い傾向になりますが、メンテナンスさえしっかりすれば必ず綺麗に維持ができます。濃色車にお乗りの方は、是非、ご相談ください♪

 

ご質問の多い新サービスの ケミカル仕上げコース  ですが、作業としては磨き作業はなしでケミカル(液剤)のみで塗装面を整えお客様に合ったコーティング剤を施工するコースです。

このコースは、ディーラーコーティングの作業内容と同じ(ディーラーより確実に細かい作業です)内容でディーラーコーティングより低価格を目指し、コーティング効果も良いように考えております。

ただし、Zero3αと比べた場合、磨き処理等は行っていない為、コーティングの定着性が劣るためメンテナンス周期は早くなります。ただ、小まめなメンテナンス、洗車を行って頂ければ問題ありませんのでご安心ください。

※ディーラーコーティングと同じ作業内容だとこのくらいの価格が妥当だろうという考えです。ディーラーが高すぎでは?

濃色車で入庫時にキズが多数ある場合は、他コースをオススメしますが、キズの目立ちにくいカラーの場合、十分にコーティングを実感して頂けるコースだと思います。

ディーラーコーティング施工前に是非、一度、ご検討頂ければなと思います。

 

 

 

 

全ては、塗装次第???

久しぶりのブログ更新となってしまいました。。。なかなか近況をお伝えできなく申し訳ありませんでした。

さて、今回は、コーティングへの疑問についてです。

コーティングの仕事をしているので様々なコーティング剤に触れ実際試し結果を見ているのですが、一般に言われていることが結果に現れないことが、多々あります。

例えば、濃色車は、親水が良いと言うことなど。。。

必ず親水が一番と言えない結果が得られています。



これは、コーティング剤そのものの効果を得る以前に塗装状態によりコーティングの効果をどの程度活かせるか変わってくるからなんです。

ただ、磨き、塗装を整えコーティング塗布すればOKではなく、塗装状態に合わせ磨き、コーティングをチョイスしなければ良い結果は得られません。

もちろん、オーナーの保管環境、洗車環境、回数等もコーティングチョイスには重要なポイントです。

コーティングで思うことは、

ワックス、ポリマーは古い。

ガラスコーティングが一番と言う考えは、捨ててコーティングを考えることで、本当に塗装を維持できるようになるのではと思います。



濃色車。維持は、難しいですがちょっとコーティングを変えるだけで非常に手入れが楽になったりもします^^

お気軽にご相談ください☆

 

 

 

 

 

類似サービス提供について

現在、Zero3αコーティングを謳った類似サービスを行っている業者(車販売店、板金塗装店)を姫路、近県にて確認しております。

現在、Zero3αのコーティングサービスは、当社にお問い合わせ頂いたお客様のみの施工となっております。

板金塗装店においては、当社コーティングを施工しているようにみせかけ保険金目当てに当社の名前、コーティング名等を勝手に利用いていたようです。保険会社より事実確認等が取れるまで営業を止めて頂きたいとのことで、先月よりご連絡が取りづらい状況になってしまい多数のご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

もちろんのこと、当社は、無関係ですのでご安心ください。

また、Zero3αが施工できると売り込まれ施工された方は、お気づきになられましたら当社までご連絡頂けます様、お願い致します。

Zero3αは、当社オリジナルのコーティング(材料、施工法など)であり、他店にて施工できるコーティングではありません。三層など単に三層に塗りこむだけのコーティングではなく、一層ごとに考えられたコーティングとなっておりますので、類似コーティングとご検討なされる場合は、ご注意願います。

今後、同じような事態が起こらないためにも当社としまして、認定制度やコーティング剤の認知度アップ、施工証明書の変更等、可能な限り対処していこうと考えております。

諸事情によりご連絡が出来なかったお客様には、明日より順次、ご連絡をさせて頂きますので宜しくお願い致します。

被害拡大防止のためにもお気づきのことがあれば、当社までご連絡、宜しくお願い致します。

ガレージゼロ 松田祐樹