アウディ A5スポーツバック⑤ 研磨 × 塗装

 

 

 



研磨前

 



研磨後

 



奥:研磨前、手前:研磨後です。

研磨後は、塗装表面のボソボソした感じがなくなりスッキリとしています。

 

 



研磨前

 



研磨後

 



研磨前、これは塗装の荒れが確認し易いです^^

 



研磨後、荒がなくなりスッキリ☆

 



新車でもある、キズも

 



過度に塗装を削ることなく修正を

 



微細なキズも

 



見逃さないように手を入れます。

 

研磨。

ポリッシャーとバフを使えば(手磨きでも)塗装は減ります。

 

新車時の研磨は、経年車ほど研磨する必要のない場合が多く、塗装が過度に減る心配もございませんので、ご安心下さい☆

あとは、新車時のキズが気になる?気にならない?ってことも、オーナー様により様々ですので、価値観に合わせ仕上げを行えばOKかと思います☆

 

分からない点などお気軽にご相談下さい☆

 

 



奥:研磨前、手前:研磨後です。

研磨後は、塗装表面のボソボソした感じがなくなりスッキリとしています。

 

実際には、白さが増したように見えます^^

 

 

 

 

 

 

◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

◆PDFファイルにて無料配信中◆

http://www.carwash-gz.com/download/

◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

 

 

コーティングって高いよな・・・
どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

GARAGE  ZERO

お問い合わせ お問い合わせフォーム
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015

 

 

 

アウディ A5スポーツバック④ 研磨の前に

 



このような水分の乾燥したシミ。

コーティング施工後もこのようなシミを放置しないことが重要なのですが、研磨前も同じで、除去できるダメージ、汚れは研磨する前に全て取り除いておきます。

 



研磨で除去するのではなく、溶剤で分解除去していきます。

 



見えていなかった水分シミも浮かび上がってきます。

この作業も重要で、ディーラーコーティングでは行われておらず、シミの上にコーティングが施工されている状態です。。。

 

 



陥没してしまっているシミは研磨により改善するしかありませんが、溶剤で除去できるものは全て取り除きます。

 

 



マスキング。

これでやっと研磨の工程に入れます。

 

塗装上に汚れがない状態の方が、ダイレクトに研磨が出来、効率も仕上がりも良くなります☆

 

 

 

 

 

◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

◆PDFファイルにて無料配信中◆

http://www.carwash-gz.com/download/

◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

 

 

コーティングって高いよな・・・
どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

GARAGE  ZERO

お問い合わせ お問い合わせフォーム
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015

 

 

アウディ A5スポーツバック③ 細部まで洗浄を

 

新車と言っても、隙間には汚れが入り込んでいるものがほとんどです。

それと納車までにディーラーで洗われた車の場合、ほぼ100%、ボディ、グリルに水分シミが出来ているので、それも除去しておきます。

 





足回り、ホイールも手の届く範囲は汚れが付かない状態になるまで洗浄を進めます。

 



ボディも同じく細かな隙間を洗います。

スポンジ洗車など通常の洗い方だけでは、全てを綺麗にすることが出来ませんので、ブラッシングで綺麗にします。

 







新車でも隙間という隙間、全てをチェックし洗浄します。

 





フロントグリルは、水分シミが多かったので、しっかりと水分シミを分解除去します。

 



簡単にシャンプー洗車→研磨へと作業することも可能ですが、仕上がりの良さ、塗装に優しくと考えれば可能な限り洗浄で汚れを落としてから研磨することが大事です。

 

 

 

 

 

◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

◆PDFファイルにて無料配信中◆

http://www.carwash-gz.com/download/

◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

 

 

コーティングって高いよな・・・
どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

GARAGE  ZERO

お問い合わせ お問い合わせフォーム
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015