青空駐車の【カーコーティング】の選び方と手入れについて

 

青空駐車の【カーコーティング】の選び方と手入れについて

カーコーティング

カーコーティングとは、何でしょうか?

コーティングの意味を調べてみると、「物体を覆うもの、膜」などと書かれています。

 

実は、カーコーティングせずとも車には、コーティングがされていると弊社では考えております^^

それはなぜか?と言うのは塗装があるからです。

 

詳細を見てみましょう!

 

万全なコーティング、それが塗装!

物体を覆うもの=コーティングです。

車、新車時に〇〇コーティングの施工依頼をせずとも、最初からボディを覆ってくれているものは何でしょうか?

 

そうです。

塗装です。

 

塗装は、見た目の良さや個性のために施工されている点とボディ(下地)を守るという働きのため施工されています。

実は、塗装そのものがボディを守るコーティングなのです。

 

塗装は、軽自動車か?普通車か?でも違いますが、厚さは、60~130μ(1/1000ミリ)、又はそれ以上の厚さがあります。

それに対して、ボディに施工するコーティングは、膜厚を出せたとしても有効的に使用するには、数μしか塗装上につくることが出来ません。

 

塗装。

下地処理によりしっかりとボディに定着され仕上げされています。

そして新車のラインで仕上げられた塗装は、仕上がり、定着性としても最高なものです。

 

なので、弊社では、コーティングより塗装が最強のボディコーティングだと考えております。

塗装(60ミクロン)>コーティング(数μ)^^;

どっちが強い強度があるか?厚さだけでも塗装が優位ですよね。

 

でも塗装も完璧ではありません。

色褪せもしますし、そのままでは、汚れも引っ付きやすく汚れる環境下で使用する車です。

 

綺麗に維持しようと考えればコーティングが必要となってくるのです。

 

 

 

青空駐車

青空駐車の【カーコーティング】の選び方と手入れについて

青空駐車=カーポート、ガレージ内の保管ではなく覆いが無い状態での維持方法ですね。

弊社のお客様の半数以上は、青空駐車のお客様です。

 

青空駐車は、当然ですが、いつも汚れる環境下です。

雨にうたれ、鳥糞も落ちてくる、日々、埃もつもり、使用中から保管中まで汚れが付く、綺麗に維持するのが大変な環境下です。

 

汚れやすい環境だからコーティングで、汚れにくいボディへ、塗装やボディの劣化を少しでも食い止める、遅らせるためにカーコーティングが有効的になる、オススメなのが青空駐車の場合です。

 

それでは、青空駐車の場合に最適なコーティングは?何か見ていきましょう!

 

 

青空駐車のコーティング選び

青空駐車でも車庫保管でも維持方法は、これが絶対だ!と言う維持方法はございません^^

色々な方法があり、維持方法でも変わってきますので、今回は、基本的な弊社の考え方をご紹介します。

 

定期的に綺麗に維持する方法

カーコーティングを一度施工すれば、手入れをしなくていい=洗車いらずって訳ではございません^^;

※ガラスコーティングの登場で、メンテナンスフリーなど訳の分からない宣伝が増え、コーティング=手入れいらずと思い込んでしまっているエンドユーザー様も多いですが、コーティングをしても手入れが必要です。

 

カーコーティングをしても手入れ(洗車など)は必要です。

逆にコーティングをしたから手入れが必要になると、私は考えてます^^この辺りはまた今度^^

 

青空駐車の場合、汚れやすい環境です。

コーティングを施工し手入れを怠れば、コーティングも駄目になり美観も損なわれてしまいます。

 

例えば、施工後、手入れがまめに出来そうにない場合、毎年、コーティングを入れ替える、再施工しリフレッシュするタイプのコーティングがオススメです☆

 

確実に言えるのは、どんなコーティングであっても絶対に手入れが重要と言うことです。

一度、良いコーティングをしても維持しなければ、良い結果は得られません。

 

マンションなどで洗車環境がない、洗車が苦手、出張も多く洗う時間がないなど、コーティング施工後、維持するのが難しい場合には、再施工が容易なコーティングを探しましょう!

 

弊社、コーティングは下記URLよりお選び頂けます。

https://www.carwash-gz.com/coating.html

別ページで、開きます。

 

一度の施工で塗装を維持する方法

施工後、手入れが出来る場合には、耐久性のあるコーティングを選びましょう!

耐久性のあるコーティングは、費用が高くなる傾向がありますが、コーティングとしての性能は高くなりますので、毎年施工のコーティングに比べ、耐久性が良い、艶や撥水などコーティングとしての効果の持続性が高いものが多いのでオススメです。

 

コーティングは、一度施工し手入れさえ定期的に出来れば、確実に何年も美観維持が可能です。

 

洗車環境がある、手入れをして維持しようとお考えの場合は、耐久性のあるコーティングを選びましょう!

 

弊社、コーティングは下記URLよりお選び頂けます。

https://www.carwash-gz.com/coating.html

別ページで、開きます。

 

青空駐車の美観維持方法について

青空駐車の場合、常に汚れが溜まってします環境で特に、汚れが溜まる➔雨にうたれる➔水分が乾燥する。ように汚れが固着、蓄積されやすい状態になりますので、維持は、

 

小まめに洗車 することです。

 

美観、コーティングの効果を持続するためにも必要なことは、定期的に汚れを取り除くことです。

 

水洗いやシャンプー洗車など、自車の施工しているコーティングに合わせてとにかく、汚れを放置し過ぎないように洗車をすることです☆

 

弊社では、その洗車の負担を減らすために基本的に水洗いで維持出来る様に仕上げております^^

 

シャンプー洗車だと濯ぎが必要になったり面倒ですが、水洗いだけで、取り敢えず洗車が追われれば楽ですよね^^

 

まとめ

青空駐車の【カーコーティング】の選び方と手入れについて

塗装そのものが実は、コーティングの役割でもあり実は、カーコーティング以上に保護力のあるコーティングである。

でも、塗装だけでは綺麗さを維持出来ない、出来にくいためにコーティングを行います。

 

保管環境でも変わりますが、共通することは、どんな保管環境でも、どんなコーティングでも施工後、洗車(手入れ)が必要です。

 

施工後の負担を減らすために、ガレージゼロでは、施工後の手入れが楽に維持出来る様に仕上げています。

 

楽な維持で綺麗に愛車を維持しましょう!

 

弊社、コーティングは下記URLよりお選び頂けます。

https://www.carwash-gz.com/coating.html

別ページで、開きます。

 

ガラスコーティングもキズは付く!キズがつかない嘘?

ガレージゼロ

このボディもガラスコーティング施工車の塗装面。

 

トヨタの黒202カラーで、柔らかくキズがつきやすいと言われている維持の難しいカラー。

 

ガラスコーティングって聞くと

■硬そう!

■硬いコーティングでキズを防いでくれそう!

■洗車キズくらい防げるでしょう!

 

と考えてしまう方も多いと思います^^

 

そうですよね!

宣伝でも9Hとか〇H、キズをふせぐとか硬度被膜とか硬さ自慢があるので、洗車キズくらい防げるでしょ?って思ってしまいましよね^^

 

でも、よく考えてみて下さい。

 

フロントガラス、硬いですよね?分厚いですよね?

 

でも、ワイパーキズも入りますよね?^^

 

 

ガラスコーティング。

塗装上に作れる被膜は、色々なコート剤がありますが、1μ程度(1/1000㍉)かそれ以下のものが多いです。

 

その薄さでキズを防ぐ?

本当に可能でしょうか?^^;

 

仮にその薄さで本当にキズを抑えれるのであれば、洗車キズも入りません。

でも実際は、、、ですね^^

 

 

ただし、ある方法では洗車キズを抑えることが可能です。

 

それは、摩擦です。

コーティング剤により滑りの良い塗装面にすることで、キズが付き難くすることは可能です☆

 

ただし、滑りさえよくなればOKなので、硬さなんて関係なく、ワックスでもポリマーでも市販の簡易コーティングでも、塗装面がツルツルになれば同じことです。

 

よくみるライターの動画も同じことですね。

 

ガラスコーティング被膜により硬さでキズを防いでいるのではなく、ただ滑りやすくなった結果です^^

 

 

 

 

 

ガラスコーティングよりおすすめな天然ワックスの詳細!

 

コーティングって高いよな・・・
どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・

もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

洗車専門店 GARAGE  ZERO

お問い合わせ お問い合わせフォーム
携帯:080-1419-6015

 

■ガレージゼロのサービス■

 

ワックスの推奨について

☆防汚性のある天然ワックス層を形成することで、汚れ難くなります。

☆耐シミ効果は一番あるのがワックスです。

☆現在、施工している上から天然ワックスを施工することで、雨染み対策、艶向上が可能です!!!

 

※高額なコーティングでも、私の実体験では、1年もすれば洗車(水洗い・シャンプー洗車)では落とせない、汚れが付着したり初期のコーティング効果が発揮出来なくなります。是非、天然ワックスで防汚性、耐シミ性、艶を取り戻し綺麗な愛車に仕上げましょう!

 

コーティングの選び方、資料無料配布中!!!

下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。

◆PDFファイルにて無料配信中◆

https://www.carwash-gz.com/download/

 

 

研磨ってどこまで必要?

コーティングサービス。

コーティングという語句が全面に出ますが、このような洗車キズを綺麗にするのは、コーティング剤ではなく磨き、下地処理によるものです。

 

このような塗装の洗車キズを、キズの目立たない状態まで薄く塗装を削ることで

 

 

このようにキズのない、見えない状態までもっていきます^^

 

コーティング剤の働きは、この先で、綺麗にした塗装の強度を少しでも補ってもらう、そして劣化を少しでも遅らせるために施工するもので、洗車キズをないようにしてくれる魔法の溶剤ではありません。

 

 

ただ思うことが、、、

 

「洗車キズを完全に綺麗に磨き上げても」キズは入るし、お客様の維持方法によっては早期に、キズは付くってことです。

 

 

塗装の荒れ、キズやシミは、研磨でないと綺麗にみせることが出来ないので、研磨は必要になる訳ですが、その綺麗にした美しさをコーティングで絶対に綺麗に維持出来るようには出来ません。

 

だったらそこまでの磨きは必要か?

と思うんです。

 

綺麗に磨く、キズのない仕上げ➔乗る、洗う、時間と共にキズが入る➔コーティング効果は実感出来るけど洗車キズが、、、みたいな^^;

 

それであれば、ある程度の研磨で、キズを目立たなくする程度で仕上げる方が、塗装も減らず費用も抑えられるのでいいなと思うわけで^^

もちろんとことん磨きて綺麗にしたいって場合には、細かい研磨が必要ですが。

 

 

ワックス利用者が増えるにつれ、下地処理の幅、そこそこ仕上げ、とことん仕上げなど色々、データも集まってきました^^

ワックス用の下地処理やワックス用の研磨処理など。

 

 

ワックスだから出来るしあげ、下地処理。

 

塗装を極力減らすことなく、綺麗にみせる、そんな維持が出来るのもワックスの魅力です☆

 

 

コーティングって高いよな・・・
どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・

もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

洗車専門店 GARAGE  ZERO

お問い合わせ お問い合わせフォーム
携帯:080-1419-6015

 

■ガレージゼロのサービス■

 

ワックスの推奨について

☆防汚性のある天然ワックス層を形成することで、汚れ難くなります。

☆耐シミ効果は一番あるのがワックスです。

☆現在、施工している上から天然ワックスを施工することで、雨染み対策、艶向上が可能です!!!

 

※高額なコーティングでも、私の実体験では、1年もすれば洗車(水洗い・シャンプー洗車)では落とせない、汚れが付着したり初期のコーティング効果が発揮出来なくなります。是非、天然ワックスで防汚性、耐シミ性、艶を取り戻し綺麗な愛車に仕上げましょう!

 

コーティングの選び方、資料無料配布中!!!

下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。

◆PDFファイルにて無料配信中◆

https://www.carwash-gz.com/download/