シリカスケール(雨染み・デポジット・スケール汚れ)

Category
  • BMW
  • お知らせ・キャンペーン
  • お見積りについて
  • アウディ
  • アバルト
  • インフィニティ
  • ウィンドウ撥水・ガラスクリーニング
  • クレンジング・塗装細部の徹底洗浄
  • コーティングご検討中の方に
  • コーティングの耐久性(持つ?持たない?)について
  • コーティング業界の裏側、、、塗装保護、美観維持の出来ないコーティングは???
  • シリカスケール(雨染み・デポジット・スケール汚れ)
  • ジープ
  • スズキ
  • スバル
  • ダイハツ
  • ディーラーコーティングで失敗したら
  • トヨタ
  • フェラーリ
  • フォルクスワーゲン
  • プジョー
  • プライベート
  • ヘッドライト研磨
  • ベンツ
  • ホンダ
  • ポルシェ
  • マツダ
  • ミニ
  • メッキモールコーティング
  • メンテナンス&洗車
  • ルームクリーニング
  • レクサス
  • レザーコーティング(特殊塗装)
  • ローバー
  • 三菱
  • 中古車販売店様、施工者様、コーティングを取り扱っておられる業者様へメッセージ
  • 価値の上がる愛車に=コーティングの選び方と考え方
  • 傷の付かない特殊洗車
  • 動画で見る仕上げ、コーティング、研磨
  • 塗装保護、美観維持が出来る秘密を紹介
  • 当社、コーティングサービスの選び方
  • 拘りの作業
  • 数万円お得に!高品質!ディーラーコーティングの半値でコーティングができる!
  • 新規開業様へ
  • 新車でもキズ、艶引けが、新車の納車レベルについて
  • 新車コース
  • 日産
  • 未分類
  • 樹脂パーツコーティング
  • 洗車のワンポイントアドバイス
  • 知ってもらいたいこと
  • 研磨・コーティング
  • 確実に塗装を保護し、美観維持に繋げる方法
  • 純水の嘘、ホント、純水について
  • 純水生成装置導入 × 純水洗車
  • 輸入車買うならここしかない!
  • 雨染み除去が出来るコーティング × シリカスケール
  • BMW5シリーズツーリング② 綺麗に維持出来るようにコーティングをする

     

    コーティングですが、コーティング単体の力で必ずいつまでも綺麗に維持出来ることはありません。

    ※保管環境やカラーによっては、コーティングが凄い効いている、効果のあるように感じる場合もございます。

     

    コーティングの施工は、手入れが出来るボディにするために施工するものと当社では、考えております。

     

    屋外で使用する車。

    どうしても、どんなコーティングでもコーティング上に汚れが溜まっていきます。

     

    意味のあるコーティングは、コーティング層上に溜まった汚れを、メンテナンスにより取り除けば、また綺麗な、保護効果を発揮出来るコーティング層が出てくるコーティングだと考えております。

     

     

    どんなコーティングが最良か?保管環境や維持方法、カラーでも変わってきますので、お気軽にご相談下さい☆

     

     



    鉄粉除去の後は、次のダメージを探します。

     

    光源の周りに見えるポツポツとしたシミ。

    何かの汚れと、水分が混ざり乾燥し出来ている 水分シミ です。

     

    乾くと見えなくなり、濡れると見える厄介な汚れです。

     

     



    研磨の前に酸性の溶剤で分解除去洗浄していきます。

     

    最近、酸性の溶剤が市販でも購入出来る様になっておりますが、成分が強すぎたりしコーティングそのものがやられたり塗装以外の場所に付着しトラブルになる例も増えておりますので、酸性クリーナーの使用には注意しましょう。

     

     



    隠れ水分シミが見えてきます。

     

    シミの除去をしないでコーティングをしてしまうと、、、シミの上にコーティング層が出来ることになります^^;

    コーティング作業前には、必要な工程です。

     

     

    水分シミは、濡れる場所であれば塗装面以外でもどこにでもできます。

     

     



    除去前

     



    除去後

     



    除去前

     





    除去後

     

     



    綺麗に見える塗装でも、見えないだけで汚れが付いている場合も多いです。

    見えないからOKではなく、見えない汚れもありますので、丁寧な下地処理が重要です☆

     

    市販コート剤を使う場合でも、洗浄に力をいれて施工することで、効果をより感じられると思います。

     

     

    コーティングの施工あるなし関わらず、愛車の美観維持でも、この水分シミの除去は、重要で、水分除去が出来るコーティングを施工することがポイントとなります。

     

    施工後、水分シミの除去出来る仕様のコーティングであれば美観維持がし易いと言えます^^

     

    研磨までに、砂埃や鉄粉、シミ、油分など溶剤で落とせるものを全て落としスッピンの状態にしてから研磨に入ります。

     



    塗装上の汚れが落ちてくると、キズや凹状のシミなど状態がはっきりとわかってきます。

    これから溶剤では修正出来なかったダメージを改善出来る様に研磨を行います。

     

     





    研磨前

     

    黒いボディの場合、キズが見え易く研磨もやり易いですが、白いカラーの場合、キズを確認しにくく研磨も少し大変です。

    新車の場合、過度に塗装を削るのはよくないので、出来るだけ薄く削り改善を目指します。

     





    研磨後

     

    微細なキズも見えない状態まで仕上げることで、より綺麗な状態にもっていきます。

    アルピンホワイトの場合、白さが増して見えます☆

     

    研磨でキズを完全にない、見えない状態に仕上げてコーティングを行ってもキズが今後、一切入らない、キズが付かない訳ではございませんので、仕上げるポイントとしては、完全に無傷に仕上げるというより見えない、気にならない程度まで仕上げるようにします。

     

    塗装は削れば削るほど、劣化し易い状態になりますので、キズを消したいからと過度に研磨するのは、今後にとって良い結果は得られない可能性が高いです。

     

    一度の研磨で、コーティングにより一切キズが入らない状態へ仕上げれるならばスッキリ全てのキズ取るのもOKなんですが、実際にはそうはいきません^^;

     

     

    研磨後、やっとコーティングに入ります。

    下地処理>コーティング作業時間です。

     

    コーティング作業の大半は、下地処理なんです^^;

     



    ガラスもシミ固着防止、雨天時の視界確保のためにコーティングを。

     





    ボディは、水分シミが出来ても除去が可能な仕上げに☆

     

     



    色褪せし易いナンバーもコーティングで☆

     



    ホイールもコーティングで、汚れ固着防止、洗車が楽な仕上げに。

    手塗りと吹き付けで細かな場所まで仕上げます。

     

     







    鉄粉もないシミもない、目立つキズもない、新車と言える状態に仕上がりました☆

    ダストの多い車は、自車のダストの固着により美観が損なわれやすいので、リア周りを中心に鉄粉の付着に要注意です。

     

     

     

     

     

     

     

    ◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

    ◆PDFファイルにて無料配信中◆

    http://www.carwash-gz.com/download/

    ◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

    http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

     

     

    コーティングって高いよな・・・
    どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

    塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
    って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
    無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

    GARAGE  ZERO

    お問い合わせ お問い合わせフォーム
    電話:079-245-0955
    携帯:080-1419-6015

     

     

     

     

     

     

     

    メンテナンス用品にご注意を

     

    今回は、ネンドによるトラブル例を。

     

    コーティングを施工しても鉄粉を完全に防ぐことは出来ません。

    早めの洗車、鉄粉除去剤の併用など付着する程度に合わせ維持することで、鉄粉の固着を抑制することは可能です。

     

    当社、コーティング施工車、他社コーティング施工車でもよくご相談頂くトラブルに、ネンドを用いたことで、ボディがキズだらけに、、、ということがございます。



     

    ネンド。

    カー用品店、ホームセンターなどでも簡単に手に入る、ボディに付着した異物(鉄粉など)をネンドに絡めながらとるアイテムです。

     

    ネンドを使えば、確かにボディのザラザラはなくなり、ツルツルになるのですが、デメリットとして必ずキズが入ります。

    どんなに丁寧に扱ってもキズが入ります。

     

    綺麗に磨きコーティングで仕上げた→次第に、鉄粉が付着、ザラザラに→ザラザラ改善のためネンドがけ→キズがなかったボディがキズだらけに、、、、といった流れになります。

     

    ボディカラーによっては、ネンド掛けで入れたキズも見えにくく、使ってよかったとなる場合もございますが、キズが見えるカラーの場合使用後、ビックリするキズの状態になる場合もございます。

     

     

    ネンド。

    売られているパッケージには

     

    ・水をかけながら作業するだけ

    ・柔らかくキズが入りにくい

    ・らくらく鉄粉が取れる

    ・コーティング施工車OK

     

    など、リスクよりメリットばかりのような表示も多く、使ってしまう方も多いのかと思います。

    確かに、付着いているものは効率よく除去出来ますので、良いものですが、キズというリスクについて考える必要があります^^;

     

    当社では、ネンド=磨きを行うと想定しております。

    どうしても、キズが入りますので、ネンドを使用する場合には、研磨で入れてしまったキズを改善します。

     

     

    ネンドだけに限らず、最近では、ネットでプロ用のような強い溶剤、道具等の購入が可能となっております。

    当社でも、当社推奨品以外の溶剤によりコーティングが取れてしまった事例もあり、市販品など使用する場合には、ご相談をお願いしております。

     

    同じ溶剤(ネーミングなど)でも、濃度や中身そのものが違い、施工したコーティングに合う合わないがある場合もございますので、使用する場合、施工店推奨のものを使うか、作業前に施工者に使用は可能か?聞くことが必要です。

     

    便利、快適なものも増えてきていますが、全てがメリットの塊ってものだけではございません。

    使用前に、隅っこで試す、相談するなど対策を行いましょう^^

     

     

     

     

     

    ◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

    ◆PDFファイルにて無料配信中◆

    http://www.carwash-gz.com/download/

    ◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

    http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

     

     

    コーティングって高いよな・・・
    どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

    塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
    って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
    無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

    GARAGE  ZERO

    お問い合わせ お問い合わせフォーム
    電話:079-245-0955
    携帯:080-1419-6015

     

    メルセデスベンツ Gクラス⑥ コーティング選び



    コーティング。

    何か施工すれば、必ず綺麗に維持出来ることが保証される訳ではありません。

     

    コーティング剤によりますが、施工することで、確実に維持が楽になる、ダメージが固着しにくくなるものもありますが、どんなコーティング剤を施工しても 手入れ が必要となります。

     

    その手入れの中でも重要なのが、シミ、油分に対処することです。

     



    コーティング施工後、このようなシミが出来ても、シミを取ることが出来ないコーティングであれば、美観維持は難しいです。

     

    逆に、シミが出来ても取ることが出来るコーティング剤であれば、美観維持が出来る可能性がぐんと上がります☆

     



    コーティングを選ぶとき、どうしても銘柄で選びたくなりますが、必ずしも有名なものが最良であるとは限りません。

    私が経験している限り^^;

     

    重要なことは、銘柄、有名であるか?ではなく、施工後、適切な維持が出来るコーティング剤がどうか?です。

    水分シミに対応出来るか?シミを除去するクリーナーがあるか?使えるか?です。

     

    コーティングを検討中であれば、施工店に聞きましょう。

    シミについて、しっかりとした回答があるか?ないか?明確に返答がない場合、良いコーティングにならない恐れがあります。

     

     



    細かな場所は、吹き付けで仕上げていきます。

    今回は、細かい場所は、汚れても対応し易いようにコーティングを選択しています。

     



    コーティング選び。

    色々、選ぶポイントはありますが、まずは、シミに着目して下さい。

     

    水分シミ(雨染み)に対応しているか?対処出来るか?

     

    ここをポイントに施工店選びをしてみて下さいね!

     

     

     

    ◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

    ◆PDFファイルにて無料配信中◆

    http://www.carwash-gz.com/download/

    ◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

    http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

     

     

    コーティングって高いよな・・・
    どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

    塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
    って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
    無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

    GARAGE  ZERO

    お問い合わせ お問い合わせフォーム
    電話:079-245-0955
    携帯:080-1419-6015