« Home »
8月 25th, 2017 Comments: 0

市販硬化系コーティングのリスク

Tags
Plurk
Share this

こんばんは!

姫路市のコーティング専門店 ガレージゼロです!

 

 

今では、ワックス、ポリマーでなくコート剤が時間と共に硬化する硬化系コーティングと言われているコーティング剤が、カー用品店でもネットでも手に入ります。

 

ブログをお読み頂いている方の中にも施工した経験がある方もおられるのではないでしょうか^^

 

 

硬化系コーティング。

プロ施工店と同等のとか、ガラス成分が高濃度、プロ仕様、驚きの艶、異次元の何ちゃら、雨で綺麗になる、高耐久・・・もう、凄い効果がありそうな謳い文句で売られています^^;

 

断言出来ます。

コーティング剤で選んだからと言って綺麗になる、綺麗に維持出来るとは限りません。

コーティング剤で選んで、問題なく施工でき綺麗に維持出来たと実感出来る方は、ガレージ保管、淡色カラーの方がほとんどだと思います。

 

コーティング剤、特に硬化するタイプのものを選んでしまうと濃色車、屋外保管の方は、綺麗に維持するために施工したはずのコーティングにより余計に酷い状態、塗装劣化を進める原因ともなり得ます。。。

 

 

 

20151215g1

市販の硬化系コーティングをオーナー様自身で施工して、拭き取りきれずボディ全体がこのような状態に。。。

 

 

硬化系コーティングの注意点の一つに、拭き取りが難しいものが多いと言うことです。

市販硬化系コーティングが一般の方でも手に入るようになり、このようなトラブルでの再施工の相談が月1はあります。

 

 

輝きを出すため、艶を出すため、綺麗に維持出来る様にと思い、コーティングを施工されたと思いますが、結果はこのような状態に。。。

 

 

市販硬化系コーティングは、ハッキリ言ってお勧め出来ません。

施工性が難しく、屋外での作業に向かない点と硬化系を施工したからと言って綺麗に維持出来ることもなく、逆にシミが出来易くなる危険性もあります。

 

 

硬化系は耐久性は良いものの、耐久性が良いゆえにシミが出来易い、拭き取りを失敗すると再施工が難しいなどデメリットもありますので、良い言葉だけに惑わされないようにしましょう。

 

 

施工しようとしているコーティング剤を施工すれば、汚れない、鉄粉も付かない、シミも出来ない!!!凄いコーティングであれば何も考えず施工してもいいですが、実際にそんなコーティング剤はありません。

 

 

硬化系にしろその他コーティング剤にしても、重要なことは、施工後のダメージを除去できるか?です。

 

 

必ず、汚れますし鉄粉もシミも出来ます。

 

施工後、鉄粉、シミをコーティングにダメージを入れず綺麗にリセット出来るのか?そのことを最低でも考えてコーティングをしなければシミだらけのボディになったり艶を出すどころか、艶引けの原因になります。

 

 

市販品の硬化コーティング剤の中には、石油系溶剤が多く塗装に悪いものもありますし、専門店の取り扱うコーティング剤と全く違う性能も物も多いです。

 

施工すればプロショップと同じように仕上がる、、、とは考えない方がいいでしょう。

 

自身で施工したいならば専門店(しっかりと対応、作業を教えてくれる店)でコーティング剤を売っているようなお店の物を選択することをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

GARAGE  ZERO

 

◆YouTubeで、研磨、コーティングをチェック

チャンネル登録で、コーティングの仕上がり、研磨など動画で確認出来ます。
http://ur0.work/J7Nr

お問い合わせ お問い合わせフォーム

HP:http://www.carwash-gz.com/
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015

Comments are closed.