Home 艶 と 光沢 の違いと磨きの重要性
« Home »
9月 9th, 2013 Comments: 0

艶 と 光沢 の違いと磨きの重要性

Tags
Plurk
Share this

 

◆新車のコーティングが安い!高品質でありながらディーラーコーティングの半値で施工が可能!!!◆

http://blog.carwash-gz.com/?p=7753

 

 

カーディーラーが新車時のサービスにコーティングを採用しコーティングは急速に広まり、今では、専門店以外でも、ガソリンスタンド、カー用品店、数時間で終わるような簡易施工店、板金塗装店、自動車販売店と様々なお店で施工できるサービスとなっております。

 

しかし、私自身が経験したこと、コーティングサービスを取り扱う中身、サービス、コーティング(磨き)のクオリティーを見ているとコーティング本来の目的を果たしていないコーティング、施工が行われていない、愛車の塗装保護、美観維持に繋がらない、その場限りの施工が多いと言えます。

 

 

本当に塗装保護、美観維持のためのコーティング、クオリティーを提供し車好きな方に喜んで頂きたい。

 

そんな業界を変えたい。

 

私一人で業界を変えることは難しいです。

是非、オーナー様(お客様)に助けて頂き、お手伝いしてもらい一緒に業界を変えていきたいのが私の目標です。

 

車好きなら綺麗に乗り、綺麗に維持したいですよね^^

 

長々と私が想うことを書いておりますが、宜しければ下記、記事もお読み下さい^^

 

 

 

 

皆様に知って頂きたいこと

 

新車=綺麗?新車も磨く理由は?コーティング金額=クオリティー?

 

コーティングを施工しようと考えたとき

コーティング屋に依頼しますか?車磨き屋・カーディティーリング店に依頼しますか?

 

コーティング屋と車磨き屋・カーディティーリング店の違いは何か?

 

 

無駄なコーティングはやめましょう。

コーティングサービスは、これで決まり!!!

 

 

これからのコーティングの選択方法は?最適なコーティングの選びかたについて

 

 

 

必ず、カスタムコーティングの考え、コーティング提案方法が行われる時代がきます。

 

今、ディーラーやコーティングサービスを行っている企業様へ提案しても相手にされないカスタムコーティング。場合によっては、煙たがられるコーティング提案方法ですが、必ず、当たり前に行われるサービスになります。

 

 

 

コーティングをご検討中、お車を購入するオーナー様に知って頂きたい、本当のコーティングとは?

 

本物のコーティングサービスを届けるためのガイダンスの詳細について

 

ガレージゼロのコーティングの考え方、美観維持の考え方、使用機材や溶剤等の考え方など詳細が分かるコーティングガイダンスが完成いたしました。

ガレージゼロのコーティングに対する考えを凝縮させまとめた案内となっております。

コーティング知識がしっかりある方も全くコーティング知識がない方も、新たなコーティングの知識を理解できる、初歩的な内容もしっかりまとめた資料となっております。

 

ご来店して下さった方には、ガイダンス無料でお渡ししております☆

 

 

まずは、上記、記事をお読みください。

 

 

 

 

 

 

車を美しくするにはどうする?車を汚れにくくするにはどうする?

 

 

コーティングを施工して汚れにくくする。

 

 

確かに間違いではありません。

 

 

カー用品店でコート剤を買って説明書通りに施工すれば確かに、施工前より綺麗に?多少は汚れ落ちがよくもなりますよね^^

でも、そのコーティングはあくまでも+αの働きです。

 

 

 

車を、塗装を美しくすこと、汚れにくくすることで

一番重要なのは、

 

塗装をどれだけ本来の状態、新車時の状態に仕上げられるか。

 

艶 を出せるかです。

 

 

艶 ダイヤモンドのような キラキラとした輝き 光沢 でなく 漆塗のような深い色合いのことと捉えてください。

 

光沢を出すのは、簡単です。

塗装が剥げていない限り、キズがあろうが塗装に雨染みがあろうが、光沢は簡単に作りだすことが可能です。

 

 

ワックスでも手がけすれば光沢はでます。

誰でも扱える、ダブルアクションポリッシャーで油分の含んだコンパウンドで磨けば短時間で光沢のある車に仕上げられます。

 

 

しかし、艶は簡単にはいきません。

 

 

艶 を出すには、塗装を平滑化、平らで滑らかにすることが必要です。

 

ここで必要な作業が下地処理の一つである「磨き」、塗装を削る技術がポイントになります。

 

磨きにより塗装を平らで滑らかに、凹凸、溝を滑らかにすることで、溝に汚れが固着することを抑えることができます。

 

塗装に溝が少なければ、溝に溜まる汚れも少なくなり綺麗に維持でき、適切に削り込まれた塗装は、映り込みも綺麗になる、さらに平滑化された塗装であればヘアースクラッチ(浅い洗車で付くようなキズ)が入ってもほとんど気にならない、映り込みには影響しない塗装面を作り出すことが可能です。

 

 

当社では、よりコーティングの効果を発揮されるために仕上がりのためにも新車でも磨きを行う方がよいと考えております。

 

新車の塗装は綺麗とお考えのオーナー様も多いと思います。

 

新車は磨きを行わくてもOK、磨きなしの方がいいとお考えのオーナー様、施工者様もいるかと思われますが、実際には、塗装は綺麗に見えてもコーティングを塗り込む最適な状態ではない!と言うのが当社が新車を見てきて、施工し思うことです。

 

欧州車やレクサス等、ホンダ、日産等、一部の車両を除き、ほとんどの車両は、中間研磨もなく、最終段階での磨きもなく塗装は塗りっぱなしの状態で仕上げられています。

 

人間の目で見れば、綺麗に見え平らに見えても、実際は、綺麗な塗装面でも塗りっぱなしの塗装の場合、凹凸があります。

 

 

この凹凸を磨くことなく、コーティング剤を施工しても、溝があるため、汚れが溝に溜まるといった状態になりコーティング本来の効果を期待できなくなります。

 

そのため、やはり磨きを行い、コーティングを施工する方が色々な面でベストだと言えます。

 

 

コーティングは、自分の車のカラーや保管環境に合ったものを選ぶのも大切ですが、施工の目線からみれば、しっかりと定着させることが重要です。ガラスコーティングにしろワックスにしろ塗装面によく乗るようにしなければなりません。

 

 

 

 

 

代車の一台。

普段は屋外保管、洗うのも月2回ほどの車両です。

帰ってきてもすぐ貸出するので、適当な洗車の時も多いです^^;

洗車クロスやスポンジ、その他、作業テストでも使用するので扱いは雑と言えます。

 



 

それでも、しっかりと映り込みます。

 

これが求める 磨き コーティング であり美しさを維持できるコーティングサービスです。

 

 



 

 

アップにすれば当然、洗車キズはあります。

 

雨染みや虫付き等は防げますが、ヘアースクラッチ、細かなキズは、洗うとき、拭き取り時にどうしても発生してしまいます。

 

 

数メートルはなれ見たとき、映り込みのいい塗装、車両に仕上げるのが本当のコーティング、磨きではないでしょうか?

 

 

 



 

近づけば、キズがあっても

 



 

 

少し離れてみれば、ガラス面と同じように周囲を映す塗装面。

 

一度、磨き、塗装面を平滑にしてあげ車両に合ったコーティングを施工すれば、多少の小キズが入っても、、、

 

映り込みはしっかりします。

 

日常使用すれば、必ず洗車キズは付きます。

それでも、しっかりと磨きあげコーティングをしてあげれば、映り込みのいい塗装面を作り出すことが可能です。

 

 

 

当然、塗装厚や状態、維持方法によって、オーナー様が望む 綺麗な車 の基準によっても作業、仕上げは変わります。

 

 

艶と光沢を理解して頂けなければ本当のコーティングを施工するのは難しい、無駄なコーティングになっていまうと考えております。

 

 

 

 

 

最後に私がいつも考えること

なぜ、ディーラーは、もっと経年車のコーティングに力を入れないのかです(笑)

 

 

新車時、良いですよ~と売り込むコーティング。

 

自分たちが売っているコーティングが良いモノと考えているならば、経年車にもどんどん施工しようと考えるはずです。

 

 

そこをなぜしないのか?

 

光沢は出せても、艶は出せないってことではないでしょうか?^^

 

新車、ほぼ磨きを入れなくていい車両に、コート剤を塗り込むだけの作業は出来るが、磨きは、平滑に仕上げることは出来ないってことです^^

 

ほぼ、洗って塗り込むだけの仕事、誰でも出来る仕事です。

 

 

利益から考えれば、新車であれば下請けを雇っても、利益が出せる。

 

8万のコーティングでも、実際の作業費用、下請けの取り分は、2、3万です。場合によってはもっと低い(汗)

 

新車買って、俺、8万もする良いコーティングいたぞって考えていても、実際には、2、3万の仕事しかしてもらっていないってことです。

 

ファンクルーズ様のようにしっかりと考え取り組んでいる業者様もおられますが、量をこなし利益を得ないといけないコーティング業では、どうしても手抜きになってしまいます。時間をかけて仕上げたくても出来ない、私自身、経験したことです^^;

 

ディーラーさんのコーティングを選ぶのであれば、カスタムコーティングのAコースを選択頂ければ、ウィンドウ撥水を一緒に施工してもディーラーコーティングより安くコーティングが施工可能です^^

 

 

 

では、経年車はどうでしょうか?

 

ディーラーが自社でコーティング部門があれば、また話は変わりますが、下請けに出すとして考えれば、数日かけ仕上げてコーティングを仕上げていくと考えれば、、、日が伸びれば伸びるほど日当を払わないといけないので、、、利益でないですよね^^;

 

 

新車時は、売り込む=利益がたんまり。

 

経年車は、相手にしない、できない=利益が少ない、でない。

 

 

これが答えだと思います。

 

 

コーティングは、コーティングや磨き等の下地処理を理解し施工すれば必ず意味のあるものになります。

 

ディーラーコーティングは、一番いい状態で施工させて頂ける、本来であれば、施工側にとってもお客様にとってもベストな時期と言えます。

 

それなのに現状のようなサービススタイルでは、意味のないサービスになってしまいます。

 

ディーラー様も

 

簡単でも施工ブースを持つ。

コーティング剤の選択をもっと考える。

コーティングの提案方法を変える。

一台に掛ける施工時間を増やす。

シャンプー等のケミカル品、クロス等を見直す。

 

等々・・・を考えていけば今よりは、質の高いコーティングサービスが可能になるのになと思います。。。

 

 

今のままのサービスでは、簡易施工店としか言いようがありません。

 

 

 

コーティング屋儲かるでしょと言われたり、金持ちになりたいとコーティング屋を開業したいと店舗に来て頂けることもありますが、真面目にやると儲かりません^^;下請けに入れば、儲かります(笑)

 

 

職人気質な仕事を優先する、お客様に本当にいいコーティングを知ってもらうならサービスしたいなら今のガレージゼロのような仕事が良いと思います。でも、経営者としてはダメ。。。

 

 

会社として考えれば、下請けに入り、利益を出し会社を大きくしていくことも正しいと思う。

 

 

どっちも正しいことで、考え方によればどちらも欠点がありますね。

 

 

 

コーティングを選ぶのは、施工してもらうのは車のオーナー様自身です。

 

 

キズ × 塗装面 見える環境と見るための環境の重要性について

 

見える環境 × クラウン × 研磨

 

洗車でも磨きでも塗装面がしっかり見える環境でなければ、どんなに腕の良い職人でも綺麗に仕上げることは不可能です。

暗闇での磨き・・・誰がしても綺麗にできません。

 

それは、キズが見えない、塗装面が確認できないからです。

 

屋外で磨く、自然光の入る環境でも同じこと・・・屋外で磨く=素人ではないでしょうか???

 

 

 

磨き × コンパウンド の重要性について

 

磨き × コンパウンド × コーティング

 

コーティングと同等に重要な下地処理。

ガレージゼロの拘りの下地処理について。

 

 

 

◆◆◆下記URLより、オーナー様自身で意味のある効果のあるコーティング選びが出来る、どのようなコーティングサービスを選ぶべきかが分かる資料をPDFファイルをダウンロードして頂けます。是非、参考にして頂ければと思います。◆◆◆

◆PDFファイルにて無料配信中◆

http://www.carwash-gz.com/download/

◆新車の塗装状態、新車の納車レベルについて◆

http://blog.carwash-gz.com/?p=7631

コーティングって高いよな・・・
どうすれば綺麗に出来るんだろう・・・もう、コーティングしてしまっているけど、綺麗じゃない、、、話を聞きたい

塗装保護、美観維持が可能なコーティングにするための雨染み除去剤が使える仕上げにしたい!
って愛車の美観維持で気になることがあればお気軽にご相談ください☆
無料見積りだけでもOK、相談、話だけでもOKです^^

GARAGE  ZERO

お問い合わせ お問い合わせフォーム
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015

Comments are closed.