動画で見る、トヨタ ヴォクシー新車の塗装

 

トヨタ ヴォクシー新車の塗装です。

 



 

ボディ全体に、グルグルとしたキズが見受けられます。

均等に入っていることから磨きにより入ったキズが多いと思います。

 

問題は2つ。

 

1つは、このような状態を確認することなく(確認する環境がない、知識がない、この程度と考えている?)問題ないと納車してしまっているディーラーがあること。

 

2つ目は、メーカー側が出荷前の手直しで、手直しが出来ていないことです。

 

工場から出荷前に、塗装トラブルや何かしら修正が必要な場合には、磨きがかけらますが、その作業レベルが低い、または、作業レベルの低い下請け業者がいることです。※腕の良い業者様に当たればラッキーですね^^

 

そもそも、このような状態で出荷されているということは、メーカー側もメーカーコーティングを売りながら車の外装仕上げのレベルが非常に低いものと言えます。

 

新車購入時のコーティング選びは、慎重に行いましょう。

 

 

 

 

GARAGE  ZERO

 

◆YouTubeで、研磨、コーティングをチェック

チャンネル登録で、コーティングの仕上がり、研磨など動画で確認出来ます。
http://ur0.work/J7Nr

お問い合わせ お問い合わせフォーム

HP:http://www.carwash-gz.com/
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015

 

 

 

 

 

動画で見る、ベンツ Gクラス 新車の塗装②



これも新車です。

 

新車=キズ等もない!とお考えの方は要注意です。

 

特にガラスコーティング施工の場合、下地処理によりキズを除去しておかないと、ガラスコーティングによってキズが埋まる、見えなくなることはありませんので、コーティングをせっかくしたのに、キズが見える状態となります。

 

キズがある場合には、下地処理を検討しましょう!!!

 

 

GARAGE  ZERO

 

◆YouTubeで、研磨、コーティングをチェック

チャンネル登録で、コーティングの仕上がり、研磨など動画で確認出来ます。
http://ur0.work/J7Nr

お問い合わせ お問い合わせフォーム

HP:http://www.carwash-gz.com/
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015

 

 

 

ダメージを上手く修正しながら美観を維持する

 

どんなに綺麗に仕上げても、必ず汚れますし、自分で丁寧に維持していても駐車場で擦られたりもしますよね。

 



例えば、このようなキズ。

爪が引っかからないもの、何か擦った対象物(塗装など)が付いているものであれば意外と簡単に修正可能です。

 



コンパウンドの入っていないクリーナーで優しく撫でて、様子を見ながら作業を行えば

 



対象物の付着だけだったので、数回の作業でスッキリと☆

 



こちらも

 





スッキリ☆

擦った場合、どうしてもキズは浅く入っている場合もありますが、少し離れれば気にならない程度には仕上げれます☆

 

気になるキズ。

意外と簡単、費用も掛からず綺麗に出来ることもありますので、専門店に相談してみてはいかがでしょうか?^^

 

 

 

GARAGE  ZERO

◆YouTubeで、研磨、コーティングをチェック

チャンネル登録で、コーティングの仕上がり、研磨など動画で確認出来ます。
http://ur0.work/J7Nr

お問い合わせ お問い合わせフォーム

HP:http://www.carwash-gz.com/
電話:079-245-0955
携帯:080-1419-6015